薬剤師で未経験の転職を失敗させない最新ベストの薬剤師求人マップまとめ

薬剤師で未経験の転職を失敗させない最新ベストの薬剤師求人マップ最新ベストまとめです。薬剤師求人、薬剤師転職は地域によって有効求人倍率が大きく異なります。また薬剤師転職サイトの選び方で失敗しないよう注意する必要があります。このまとめでは口コミ評価の高い厳選された薬剤師求人サイトを掲載しているので安心です。

更新日 2015年08月13日

本日 1pv

合計 1928pv



  出典 at-job.jp

◇薬剤師求人サイトのおすすめ

薬剤師求人サイトに登録すると、調剤薬局、ドラッグストア(調剤メイン)、ドラッグストア(OTCメイン)、病院/クリニック、企業の薬剤師募集が一覧できます。また専門のコンサルタント(転職エージェント)により希望にそった転職先を紹介してもらえます。薬剤師で未経験の転職を失敗させない最新ベストの転職支援サービスがおすすめ!


  出典 at-job.jp

◇リクナビ薬剤師

▼詳細はこちら
http://goo.gl/9U0vAV


  出典 at-job.jp

◇薬剤師転職ドットコム

▼詳細はこちら
http://goo.gl/cSTTfQ


  出典 at-job.jp

◇薬キャリ

▼詳細はこちら
http://goo.gl/k4EWA6


  出典 at-job.jp

◇マイナビ薬剤師

▼詳細はこちら
http://goo.gl/EPaVDI

年収600万円以上、年休120日以上、残業無しなど好条件、高待遇の求人も多数。応募が殺到する非公開求人、掲載する時間のない急募求人を多数保持しているので、薬剤師転職サイトを利用した場合、ハローワークや求人誌のみを情報源とする他の薬剤師よりも有利に転職活動を進めることができます。

①無料登録 → ②求人紹介・個別相談 → ③応募・面接・選考 → ④内定・入社

①無料登録
気に入った薬剤師求人サイトに無料登録します。複数社登録すると比較ができるので安心です。

②求人紹介・個別相談
メールもしくは電話で求人を紹介。専門のコンサルタントが相談に乗ります。

③応募・面接・選考
希望する求人が見つかれば、面接日程調整、条件交渉を代行してもらえます。

④内定・入社
現在の勤め先の退職手続きアドバイスから入社後の悩みまでフォローしてもらえます。

薬剤師の地域偏在については、薬剤師1人あたりの処方箋枚数を都道府県別に調査した。その結果、多かったのは(1)青森県(8216.4枚)、(2)宮崎県(7485.2枚)、(3)熊本県(7109.1枚)。一方、少なかったのは(1)徳島県(3628.1枚)、(2)大阪府(3962.8枚)、(3)福井県(4012.1枚)の順だった。もっとも多い青森県ともっとも少ない徳島県では、2.3倍の開きがある。
 2次医療圏ごとの人口10万あたりの薬剤師数では、都市部に薬剤師が集中している傾向がみられ、都道府県の医療圏間で1.3~11.9倍の格差があり、薬剤師の地域偏在があることが分かった。例えば北海道では札幌地区が236.3人、根室地区が86.6人、東京都では区中央部が1748人、西多摩が147人といったように、同じ都道府県内でも薬剤師は県庁所在地や大都市に集中している。

  出典 薬局薬剤師の必要数は充足、都市部に集中 「薬剤師需給動向の予測に関する研究」報告書 (セルフメディケーション Pro.-NPO法人セルフメディケーション推進協議会(SMAC))

上記引用は、2010年の調査報告ですが、現在でも薬剤師の地域偏在の問題は解決していません。そのため都市部では有効求人倍率程薬剤師が不足しているわけではないため、薬剤師募集時の年収も500万円を切るところが増えています。好条件、高待遇の薬剤師求人は薬剤師転職サイトの非公開求人の中に多く掲載されています。


  出典 at-job.jp

薬剤師について皆さんはどんなイメージをお持ちですか?給料が良い、残業がなく土日祝日休める等、良いイメージをお持ちだと思います。私たちが病院に掛かる際、ドクターの診断を受けて薬局に行くことがほとんどです。私たちが風邪を引いた時、けがをした時に病院から出される薬は薬剤師さんの手によって調剤されているのです。薬の知識を持った人はもちろん、患者さんともドクター、看護師とも接することが非常に多いのでコミュニケーション力がある人が薬剤師には向いています。病院には様々な患者さんが来ます。子供からお年寄りまで、幅広い世代の患者さんが来ますので薬の内容や飲み方など分かりやすく伝えないといけません。誰にでも分かるような説明をしないと誤って大変な事故に繋がることがあるからです。医療現場ではドクターと看護師が責任を持って患者さんの健康を最優先しています。薬剤師は医療の現場に直接携わっているわけではありません。患者さん1人1人に合った薬を出すことで病気の回復力が違ってくるのではないでしょうか。先にも書きましたが、薬剤師のイメージは給料が良く休みもしっかりしていて羨ましく思われがちです。ですが、薬剤師になるには六年制の大学へ進学し国家試験を取らないと薬剤師にはなれません。学費も私立で六年制の大学となれば平均で1000万円を超えると言われています。薬剤師になりたいという強い意志がなければ薬剤師にはなれない過程があります。大変な過程を乗り越えてきたからこそ、条件の良い環境で働けるのです。ドクターや看護師、患者、同僚など様々な立場の方に板挟みになっている薬剤師は悩みが尽きません。いくら働く条件が良いとしても土台となる、人間関係が良くなければ長くは務まりません。薬剤師になったのに人間関係が…と、悩む薬剤師さんは多いことが分かります。実際、薬剤師の割合は女性が7割りを占めていますのでいわゆる「女社会」と言われています。薬剤師の求人は転職サイトに自分に合ったものが掲載されています。せっかく薬剤師という立派な職業についたのですから、夢をここで終わらせるのは早いのではないでしょうか?今の職場で悩みや疑問があるのなら、一度薬剤師転職サイトにアクセスしてみてはいかがでしょうか。

薬剤師求人プレミア非公開求人が見つかる!薬剤師求人発見ナビで転職に失敗しない方法まとめ - 転職サイト@jobまとめ
http://at-job.jp/matome/2
信頼できる薬剤師求人エージェントを選べば転職は成功します。薬剤師求人プレミア求人は非公開求人の多い人気の薬剤師求人発見ナビで薬剤師求人サイト転職に失敗しない方法。調剤薬局、ドラッグストア、病院の求人情報まとめ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナビエージェント マイナビ転職

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)転職サイト@jobまとめ All Rights Reserved.